TOP

就活を頑張ればバラ色人生です!

リクルートスーツの選び方

最近ではリクルートスーツの値段も安く、質の良い物を買えるようになってきましたが、値段だけで選んでしまうと面接官に良い印象を与えられない可能性があります。しかし、海外ブランドの高級なスーツを着て行けば良いのかというとそうではありません。一番重要に考えなければいけないのがTPOです。面接は通常一社だけでなく、複数社の面接を受ける必要があります。その為、スーツはどの会社にも通用するスーツを選ぶ必要があります。また、スーツは就職活動用に購入するのではなく入社後も視野に入れて購入する必要があります。自分に似合うと思うスーツを選ぶのではなく、面接官の人に似合うスーツを選ぶ事が重要になります。面接官の人は自分よりも年上の事が多いので、両親や親しい年上の方に見立ててもらうと、より面接に似合ったスーツを選ぶ事ができると思います。最近では、職場ではクールビズを積極的に取り入れている会社も多いので、面接用のスーツもカジュアルになっている会社もありますが、まだまだしっかりした服装を好む会社が多いのも事実です。面接が夏にある場合、クールビズのような、少しカジュアル目の服装が好まれるのかをしっかり下調べをし、会社の好みに合わせるのも重要ですが、もし服装について情報が得られなかった場合には、しっかりした服装で面接に臨むようにしましょう。

システムエンジニアやプログラマとしてIT業界で転職活動を行うコツ

システムエンジニアとプログラマの仕事は基本的には異なりますが、IT企業の規模や人員数によっては、両者の境目がないような仕事をすることもあります。システムエンジニアは基本的には、クライアントへの提案とシステム設計、開発者の管理と実装、フォローが役割です。これに対してプログラマは開発の部分を主に担当します。もっとも、会社によってはシステムエンジニアでもプログラミングをサポートしたりする場合もありますし、プログラマが積極的にクライアントの打ち合わせの場に出たり、クライアント先に常駐する仕事も任されます。そのため、転職を決意した場合は、どのような立ち位置でどんな仕事をしていきたいのかをよく考え、求人案内をしっかり確認したうえで、分かりにくいことがあれば、応募前に問い合わせたり、面接の場でしっかり確認するようにします。応募にあたり、履歴書や職務経歴書を書く際のポイントは志望動機と、これまでにやってきた経験や実績をしっかり書くことです。志望動機に関しては、システムエンジニアとして活躍したい、プログラマとして高度な開発に携わりたいといった、どの会社でも通用するような内容では足りません。応募する会社でなぜ働きたいのか、その会社にどのように貢献できるのかを書く必要があります。つまり、転職希望先に複数応募する場合にはその数だけ志望動機を考えなくてはなりません。ホームページ等で会社の企業理念や業務内容、ビジネスビジョンや活動方針を読み込んだり、先輩社員の活動の様子やインタビューページを読んで、どのような会社かを理解しましょう。そのうえで、自分はこの会社の何に魅かれ、自分をどう活かせると思ったのか、会社の業績向上や収益向上にどう貢献できるかをまとめます。経験や実績についても、具体的に書いてください。ただ、IT資格を並び立てたり、扱えるプログラミング言語を並べるだけでは意味がありません。その資格やスキルを活かして、どのようなプロジェクトや開発を手掛けてきたのか、自分はどのような実績を挙げられたのかを示す必要があります。採用担当者が見た時に、これはうちの会社で活かせる、こんな人材がいれば力強いと思わせることが大切です。具体的に書くことに加え、自分の強みや得意なことを印象付けるようにしてください。もっとも、履歴書や職務経歴書は長々と書くものではありません。相手に伝わるよう簡潔に要約したうえで、実際には上記に挙げたような志望動機や自分の強みを、面接の場で相手にしっかり伝わるようアピールするようにしましょう。
http://www.swanrina.jp/index.html

Webディレクターに採用されるためのハウツー

Webディレクターとして採用されるために、どのような能力やスキルが求められ、履歴書や面接でどのような点をアピールすべきか確認していきましょう。まず、Webディレクターという仕事について確認し、その仕事内容や役割から、求められる能力やスキルを見極め、自分にその適性があるのか、自分のどのような部分をアピールすれば面接官に伝わるのか考えなければなりません。Webディレクターは、Web制作における調整業務や現場管理をする役割を担います。クライアントと取り決めをした納期に向けて、必要な人材を手配して配置し、人員調整はもちろん、スケジュール管理から予算管理まで様々な調整業務やコーディネート業務を行っていきます。スケジュールが間に合わないとか、クライアントから急な変更や大きく仕様が変わるような要望が入った場合には臨機応変に対処して、クライアントとの調整や制作現場の調整を行わなければなりません。また、納期に向けてスムーズに制作が進むよう、制作メンバーを上手くまとめていくサポート業務も担います。簡単にいえば、何でも屋さんであり、Webサイトの制作がスムーズに進行して完成させるうえで、リード役となる重要なポジションを担っています。もっとも、Web制作の専門知識やスキルがあることは求められず、専門的なことは現場スタッフに任せて、自身はコーディネート役や管理業務に徹するのでかまいません。そのため、Web制作業界は未経験であっても、調整業務や管理業務に精通していれば、転職することが可能なのです。そこで、面接でのアピールポイントとしては、前職での経験を活かせることを訴える必要があります。前職でそうした経験がない方でも、たとえば、学生時代にサークル活動やボランティア活動等で、ディレクター的な業務をしたり、予算管理や人員管理、スケジュール管理のほか、リーダー的な立場で多くのメンバーをまとめた経験があるのであれば、十分アピール材料にすることができます。ただし、アピールの仕方は学生時代にサークルでリーダーをしていたのでまとめるのは得意です、で終わらせるのではなく、何をどうまとめたのか、こんなトラブルがあったけれどこう対処して解決できたといった、具体性のある内容で伝えるようにしましょう。とはいえ、何から何まで事細かに話して冗長になるのはいけません。ディレクター業務は簡潔性や効率性、スピードも要求されますから、分かりやすく簡潔にまとめて、言いたい内容はしっかり伝えることが求められます。


月別アーカイブ

フリースペース

サイトマップ